ブログ

HOME > ブログ > ただいま休憩中・・・

ただいま休憩中・・・記事一覧

ネット検索で上位にあがってくる業者にレッカーサービスを依頼した結果は、、、

悪質なレッカーサービス業者が蔓延っているようです。

サービス利用時に「クーリングオフができる」旨、説明をしなかったことで逮捕される業者まで出ています。

今朝のテレビ報道でも特集が組まれるほど被害者が増加しているようで注意喚起が促されていました。

テレビに出ていた被害者の男性は、「ネットで検索して最上位に表示された業者だから信用してしまった」と言っていました。

知っている方も多いと思いますがネット検索で上位に表示されるのは、多大な広告料を支払っている事業者で、決して「信頼できる事業者」ではありません。

逆に考えると、それだけ多くの広告料を払っているのだから『高い料金を請求して回収しないとやっていけない』のだとも取れます。

ネット検索での事業者選びには注意が必要です!

 

関東大震災の犠牲者は全ての被災者とその親族。

小学生の頃、授業で関東大震災のときの外国人虐殺事件の話を先生から聞かされた記憶が鮮明に残っています。

特に僕ら在日コリアン(朝鮮人、当時は韓国人との表現は有りませんでしたから)は、虐殺の標的にされ、沢山の方が犠牲になったと聞かされました。

諸説ある中、今朝の朝日朝刊では「当時の神奈川県知事が内務省に宛てた報告書」が発見されたとの報道がありました。

諸説ある中、一方的に事実を自分の信じる側に引き寄せようとする偉い人がいることが嘆かわしいですが、ヒール役を率先して演じてくれているのだと受け入れてます(彼女の存在はマイノリティーの団結を鼓舞するのに大いに貢献している)。

心斎橋の百貨店へ行くと客の半分以上が外国人だった件。

お客様のお店がある大阪心斎橋の百貨店へ行く機会がありました。

その帰り、エスカレーターを利用して地下鉄直通のB1へ向かう途中、すれ違った人の半数以上が外国の方でした。

見た感じ西洋人が一番多く韓国の方が続く。

ここへ中国からの観光客が戻ると、最盛期のインバウンド需要を上回る予感がします。

元日本代表の益子直美さんの取り組みについて。怒る指導の不要性。

僕も中学まではサッカーをしていましたが、まさに昭和の時代を行く指導者のオンパレードでした。

選手・生徒への愛情?からか、とにかく『怒る、どつく、罰を与える』指導が当たり前でした。

当時の子供らもまた逞しく、『先生にどつかれたことを親に告げ口することなど男のすることではない』と、拷問されても口を割らないスパイのような思考を持っていました。

そのことで暴力指導者らの行いは明るみにならずドンドンとチョーシに載せちゃったのでした。

僕の小学校当時の男性教員は特に酷い人物で、クラブ活動の指導から学生生活に至るまで、とにかく生徒を暴力により怖がらせ支配・服従させました(2年間担任でした)。

大人になってわかることは彼らには共通してコレといったスキルはなく、子供らに対する愛情もなく、何より指導者・教師としての矜持が無かったのです。

暴力指導者の元、確かにチームは強かったがサッカーが楽しいと思ったことは一度もありませんでした。

自分の子には、「どんな先生に当たるかは運次第だから、大人には何も期待せず子供らで解決する考えを持て」と言っています。

暴力による指導を肯定する被害者がいますが、『余程のどMか』、『同じ行動を起こす恐れのある予備軍』だとしか思えません。

(過干渉の親により教師の自由を奪っている現在の状況も問題ありだが、、、時代は変われど全ては大人次第と言うこと。)

日本における国際結婚(カップル)の変遷。日本人・中国人・韓国人の視点から。

一昔前は若い中国人女性が中高年の日本人男性と交際して、結婚したり子どもが生まれたりして日本で何らかのビザ(在留資格)を取得して定住化するパターンが多かったように思います。

韓国人も同じく、若い韓国人女性と中高年の日本人男性のカップルが大多数でした。

ここ最近ではすっかりその姿は変貌を遂げました。

まず最初に中国人の場合、男女問わず年配の方が若い日本人を従えて(表現が悪いですがご勘弁を)日本や中国の都市を闊歩する姿が増えたように見受けられます。

その一方韓国人と日本人のカップルはと言うと、相変わらず若い韓国人と中高年の日本人カップルが大多数で、代わったのは若い韓国人女性が若い韓国人男性になっただけ。

韓国クラブ(韓クラ)が衰退して韓国人ホストクラブが人気を博している状況です(ホストクラブもすっかり下火ですが、、、)。

BTSの活躍を横目に、同じ韓国人として複雑な心境で現在の状況を見ています。

日本の生活でお困りのことはご相談ください
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
タグクラウド