ブログ

HOME > ブログ

ブログ記事一覧

上本町の韓国語教室に通っていますが、言葉で伝える難しさと格闘中。

顧客の半数以上が韓国のニューカマーなため、日々の半分以上を韓国語で会話をしています。

だから取ってそれに比例して韓国語が上達しているわけではありません。

僕が日々使っている言葉はビジネス言葉ですから、日常のふとした瞬間に発する言葉、例えば子ども相手の会話や飲食店での会話はどちらかと言うと苦手です。

それを克服しようと今年から事務所近くの韓国語教室に通っています。

通ってみて自分の韓国語レベルがはっきりとわかりました。まだまだネイティブのように話すには時間がかかりそうです、、、

何よりも、民族学校で培われた<在日コリアン語>が抜けきれないのがもどかしいです。

先生からよく「その言葉はあたしたちのお爺さんの時代の言葉ですよ」と指摘されたりして、、、

ワールドカップ優勝国フランスの原動力。移民の子孫の活躍について

前回大会から早くも4年が経過し、当時8歳だった長男と眠い目をこすりながら早起きして観戦していたことが懐かしいです。

先の大会でも優勝国ドイツの主力選手の多くが移民の子孫だったことが報道で取り上げられていました。
⇒その時のブログがコレ

今大会の優勝国フランスにもアフリカ出身の黒人選手がいました。

彼らの活躍は最近話題の移民政策に取組む政治家の方たちの目にどのようにうつるのか?と素朴な疑問が湧いてきます。

僕を含め日本に多数存在する在日コリアンも移民(若しくは難民?)のような存在ですから、フランス代表のエムバペ選手のようなスターに僕の長男もなってくれる可能性も秘めているということ!

そんな壮大な夢を持つ父ですが、前回大会のように朝早く起きて観戦することもめっきり減った長男は少しサッカーに疲れを感じているようで心配です、、、

「家族滞在」の在留資格で日本に住んでいる若者が日本で就職して仕事をする際の注意点。

日本の在留資格は全て各個人に与えられるもので、これは子どもやお年寄りも同じです。

親の仕事の関係で日本で住んでいる子どもたちは、おおむね「家族滞在」の在留資格で日本での滞在を認められています。

最近では小学生・中学生も「留学」の在留資格が取れるようになりましたので、もしかしたら単身で日本に来て留学生として活動している逞しい子どももいるかもしれませんが、、、

最近立て続けに相談を受けたのが、中学の頃に親に伴って日本に来て以来、日本の中学、高校と卒業し、成人してから親元を離れて日本で独立しようと考えているが、その際の子ども自身の在留資格がどうなるのかという質問です。

入国管理局からは以下のようなアナウンスがなされています。

高等学校卒業後に日本での就労を考えている 外国籍を有する高校生の方へ

これによると、上記の相談者は、条件が合えば「特定活動」の在留資格を得て日本で独立(就職して親元を離れる)が可能で、一般の外国人が就労する際に求められる<大卒要件>や<10年を超えるキャリア>などは免除されることになります。

大変有意義な措置で、親の都合で日本に来た子どもたちも日本でずっと住むにあたって救われることでしょう。

久しぶりに韓国映画を観ました。マドンソク主演『犯罪都市』のレビュー。(多少ネタバレかも?)

ゴリゴリのやくざ映画。

それでいて主人公は警官役です。

一緒に行った妻は途中で目と耳を抑えていました。(気づくと隣は空席に!暴力シーンがとてもリアルで見ていられなかった様です。)

日本のやくざ物も好きなジャンルですが、『仁義なき戦い』を超える作品には出会えずにいます。

それと比較して韓国のやくざ映画は秀逸な作品が多くあるように思います。

描写のリアル感と俳優陣の演技の上手さかと素人ながらに分析しています。

やくざ映画を観るといつも思うのは、やはり最強の組織は『警察』だなーと言うこと。

当たり前の話ですが、今回の映画でも無敵の最強組織として描写されていました。

敵に回すと恐ろしい~。

日本と韓国の重国籍の方の韓国家族関係登録整理手続について。

韓国籍の父と日本人の母を持つ重国籍の方からの依頼で、韓国家族関係登録簿へその方の身分登録を行う作業をお手伝いしました。

これから生まれる重国籍の子どものことで相談を受けることは多いのですが、成人された大人の方からご自身の韓国戸籍(家族関係登録)への登録作業の依頼を受けたのは初めてでした。

何故かというと、日本で日本人と外国籍者の間の子として生まれた場合、その子は日本国内では日本人として扱われるからです。

すなわち、外国人たる証明書(在留カードや特別永住者証明書)を持つことができません。

日本人の親の戸籍に日本人の子として載せられます。

今回の依頼者は僕のブログをお読みになって事務所へ訪ねてこられましたが、普段僕が行っている仕事よりも3倍近くの時間と書類(日本の戸籍謄本等)を必要としました。

また、『兵役制度』が存在する韓国では、37歳未満の男性の場合、兵役の問題もかかわってくるのでそのあたりのことも含めて事前によく説明する必要もありました。

無事に完了して本当に良かったですが、その方が今後自身の国籍についてどのように向き合っていかれるのか興味が湧きます。

日本の生活でお困りのことはご相談ください
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
タグクラウド