ブログ

HOME > ブログ > ただいま休憩中・・・ > ワールドカップ優勝国フランスの原動力。移民の子孫の活躍について
ワールドカップ優勝国フランスの原動力。移民の子孫の活躍について

前回大会から早くも4年が経過し、当時8歳だった長男と眠い目をこすりながら早起きして観戦していたことが懐かしいです。

先の大会でも優勝国ドイツの主力選手の多くが移民の子孫だったことが報道で取り上げられていました。
⇒その時のブログがコレ

今大会の優勝国フランスにもアフリカ出身の黒人選手がいました。

彼らの活躍は最近話題の移民政策に取組む政治家の方たちの目にどのようにうつるのか?と素朴な疑問が湧いてきます。

僕を含め日本に多数存在する在日コリアンも移民(若しくは難民?)のような存在ですから、フランス代表のエムバペ選手のようなスターに僕の長男もなってくれる可能性も秘めているということ!

そんな壮大な夢を持つ父ですが、前回大会のように朝早く起きて観戦することもめっきり減った長男は少しサッカーに疲れを感じているようで心配です、、、


日本の生活でお困りのことはご相談ください