ブログ

HOME > ブログ > ただいま休憩中・・・ > 年末に悲しい閉店のお知らせ。
年末に悲しい閉店のお知らせ。

長女の誕生日に決まって訪れていたお店がこの年末に閉店するらしい。

長女は僕が初めて手にした子で、3~4才くらいの頃からその店で誕生日を祝うのが決まりごとになっていた。

店の雰囲気はメルヘンチックで料理も美味しく娘のお気に入りだった。

その日だけは下の二人が生まれる前の状況に戻れるように<家族3人水入らず>の時間を娘に作ってあげていた。

その娘も今年中学生になった。

もしかしたらそのお店が閉店するのと時を同じくして娘自身が<家族3人入らず>の時間をもう欲していないのかもしれない。

いずれ旅立つ娘のカウントダウンが既に始まっているのかと思うと、考えるだけでいつでも泣けてくる父なのであった。


日本の生活でお困りのことはご相談ください