ブログ

HOME > ブログ > 旅館業 > 特区民泊(外国人滞在施設)か簡宿かで迷う。
特区民泊(外国人滞在施設)か簡宿かで迷う。

新たに土地を買ってホテルを建てる場合、民泊で許可を取るか旅館業の許可を取るかで迷う方がいます。

この二つ、一体どう違うのかというと、まずは法律が違います。

ここで言う民泊とは、国家戦略特区で指定された地域のみ認められている外国人滞在施設のこと。

旅館業の例外として認められた宿泊区施設で、現在、大阪市や東京都の一部で営業可能となっています。

今回の相談者は、「万が一外国人観光客の訪日が下火になった場合、賃貸マンションとして再利用可能な建物にしたい。」とのことなので、建築基準法上の用途が『共同住宅』で可能な特区民泊の方を進めることにしました。

この不景気の中、(たまにですが)景気の良い話が聞けたことが何よりもよかった。


日本の生活でお困りのことはご相談ください