ブログ

HOME > ブログ > ただいま休憩中・・・ > 二人の冒険家の存在に「かわいい子には旅をさせよう」と思う。
二人の冒険家の存在に「かわいい子には旅をさせよう」と思う。

今朝の朝日新聞に日本人冒険家とアメリカ人冒険家がそれぞれ紹介されていた。

一人は高野秀行さん。

世界各地の秘境を訪ね歩いてその経験談をもとに作家として活躍されている方で、いくつか本を読んだが本当に面白い。

「クレイジージャーニー」に出演されていましたね。

もう一人はカイル・メイナードさん。

生まれつき四肢に障害を持つ彼は、なんとキリマンジャロ登頂など、健常者でさせ困難と思える数々の偉業を成し遂げられたタフマンだ。

レスリングでは州のチャンピオンにもなった方。

この方も確か「アンビリバボー」で取り上げられていました。

高野さんもカイルさんも共通するのはあくなき冒険心を持ち続けていること。

大阪の小さな町に45年間にわたってとどまり続けている僕の人生と少し比較してみた。

子どもたちにはこの広い世界をもっと広い視野で見渡すことができる人間になってほしいですね。


日本の生活でお困りのことはご相談ください