ブログ

HOME > ブログ

ブログ記事一覧

帰化の落とし穴。~その2~

過去には日本も韓国も父兄血統主義と言って、生まれた子は父親の国籍を持つことになっていました。

それが改正され、現在はどちらの国も父母両系血統主義を取っています。

すなわち、本ケースのように、韓国人父と日本人母の間に生まれた子どもは韓国と日本の二つの国籍を取得することになります。

そして、そのうちのいずれかの国籍を選択することができるのです。

国籍の選択を誰がするのかと言うと、日本の場合、15歳以上であるときは子ども自身が,15歳未満であるときは法定代理人が届け出て行います。(韓国も同様です。)

ただ、子ども自身が一定の年齢に達した場合、

韓国法によると、①満20歳になる前に複数国籍者になった者は満22歳になるまでに、②満20歳になった後に複数国籍者になった者はその時から2年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。

となっていますし、

日本法でも、①外国及び日本の国籍を有することとなつた時が20歳に達する以前であるときは22歳に達するまでに、②その時が20歳に達した後であるときはその時から2年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。

と同様の規定が置かれています。

次回へ続く。

帰化の落とし穴。~その1~

こんなケースがあります。

夫:韓国籍

妻:日本籍

子ども(男の子):2重国籍

依頼により夫の日本国籍取得手続(帰化許可申請)を行う。

無事に夫が日本国籍を取得し、業務完了。

上記のような仕事を複数こなしてきました。

が、最近になってあることが理由でこの仕事の終わらせ方に不安を抱くことになりました。

その理由は、、、

韓国人男性には兵役義務が課されるという事実。

また、在日コリアンも兵役に行かなければならない事情が生じたこと。

続きは次回。

あらゆる作業を後回しにしてしまっていること。

判例のメルマガが70件弱、書士会の会報は1月から、大阪会のものも同様。

今年に入って例年コンスタントにやっていたことがおろそかになってしまっています。

このブログは軽量ノートパソコン投入のおかげで続けられているものの、他はさっぱり。

老化のせいにすることもできるのですが、日々の研鑽を要する仕事柄、こまめにこなすことが重要。

そういえば弁護士のある先輩が、45(才)も過ぎると、あらゆる作業が嫌になるんや!と言っていたことを思い出す。

すべて投げ出して1年ハワイで暮らしたい、、、

日本代表として活躍する外国にルーツのある選手を応援しています。

卓球の天才少年と言われている張本選手はご両親が中国出身だと聞きました。

また、今行われているバレーボールワールドカップに男子日本代表として出場している李博選手も、張本選手同様、両親が中国出身です。

今朝の朝刊でもガンバ大阪U23チームでキャプテンを務める高選手の活躍が記事になっていました。(高選手の父は中国リーグの現役選手だとか。)

外国にルーツを持つ日本人である彼らを、外国にルーツを持つ日本在留外国籍者として特別な視線で応援してしまいます。

彼らの活躍を見ると、在日コリアンとして本国名のままで日の丸をつけてピッチに立った李忠成選手のことをいつも思い出しますが、日本のサポーターが彼らに熱い声援を送っている姿を見るのがとてもすがすがしいです。

行列店「麺や福はら」に初めて行ってきました。

行ってきました、と言っても自宅から徒歩15歩(わずか5秒)の距離にある人気ラーメン店。

なんでも食べログのラーメン部門で全国一位になったことのある東京の有名店で修業した店主が、地元生野区で開店した店らしい。

7月の開店日には朝の7時前から行列ができていた。

コアなラーメンマニアたちがうわさを聞きつけて全国から押し寄せたらしい。

2カ月がたった現在でも行列は絶えず、品切れで閉店時間が早まることが多い。

今日、やっとその味を試すことができたが、、、

やっぱり美味しかった!

次はいつ行けるかわからないが、この距離にうまい店ができたのがありがたい。

日本の生活でお困りのことはご相談ください